男性たち

塞ぎこむ前に|女性の薄毛はクリニックで治せる

高い改善効果を持つ内服薬

男性の後ろ姿

9割以上の方が効果を実感

男性型脱毛症は、強い男性ホルモンであるDHTの働きにより髪の毛のヘアサイクルが乱れ、抜け毛の量が増えることにより薄毛になってしまう症状です。青年期を過ぎた男性の薄毛のほとんどが男性型脱毛症であるため、男性の薄毛の改善にはDHTの働きを抑制することが大切となります。そのDHTの働きを抑制する効果を持つ内服薬がプロペシアで、プロペシアによる男性型脱毛症の改善効果の高さは驚くべきものがあります。薄毛の進行の現状維持も含めると一年間の服用で9割以上の方がその効果を実感しています。服用から3ヶ月程度で抜け毛の減りを実感出来、半年間の服用で抜け毛はほとんどなくなります。抜け毛が減るということは、新しく生えた髪の毛が成長出来ているという証なので、時間と共に自然と髪の毛が増えてきます。こうした男性型脱毛症に対し、驚くほどの高い改善効果を持つことから、プロペシアは世界60カ国以上で利用されている人気の薄毛改善商品となっています。

気をつけるべき点

男性型脱毛症の改善に対して抜群の効果を得ることが出来るプロペシアですが、利用する上で一つ注意したい点があります。プロペシアが持つDHTの抑制効果はお腹の子供にまで影響を与えてしまいます。そのため妊娠中の女性が側にいる場合は気をつけて利用しなければいけません。お腹の中の子が男の子の場合、生殖器等に異常をきたしてしまう場合があるので、プロペシアによる胎児への影響を女性側にもしっかりと伝えておくことが必要です。プロペシアの成分であるフィナステリドは、服用はもちろん、皮膚からも吸収されてしまいますので、プロペシアの扱いはもちろん、保管にも注意して利用するようにしましょう。プロペシアは他のどんな薄毛改善商品にもない効果的な薄毛改善を行うことが出来ます。しかし、妊娠中の女性は使用したり、接触したりしないように十分気をつけて保管するようにしましょう。